今日の給食

2018年6月の記事一覧

6月28日の給食

今日は、黒米ごはん わかめうどん 新玉ねぎのかき揚げ キャベツのおひたしです。

今日は、『旬の「新たまねぎ」を生かした献立』です。
 日本で玉ねぎの栽培が始まったのは、洋食を食べるようになった明治時代です。
 では、ここでクイズです。「新たまねぎ」は、どんな玉ねぎのことでしょう。
 ①番 早めに収穫した玉ねぎのこと
 ②番 新しい方法で作る玉ねぎのこと
 ③番 平成になってから作られた玉ねぎのこと
 答えは①番です。「新たまねぎ」は、早めに収穫され、すぐに出荷した玉ねぎです。みずみずしく、辛味の少ないことが特徴です。
 今日は、「新たまねぎ」を使った『かき揚げ』でした。

6月27日の給食

 

今日は、パン 牛乳 洋風煮込み 海草サラダ 大豆いりこ ジャムです。

今日は、『衛生に気を付けること』について、紹介をします。
 学校の中や外には、目に見えないたくさんの菌がいます。菌は目に見えないので、私たちは生活の中で、知らず知らずのうちに持ち込んだり、持ち出したり、広げたりしています。
 菌が広がるルートには、
 ① 口から食べ物と一緒に、体に入る。
 ② くしゃみや咳と一緒に、口や鼻から入る。
 ③ 菌のついた物に触る。       

 という3つのことが考えられます。
 これらの3つのことを給食の時間に予防するには、給食当番の身支度や手洗いがとても大切になります。衛生に気を付けて給食の準備をしましょう。

6月25日の給食

今日の給食は ごはん 牛乳 じゃがいものそぼろに アーモンド和え ヨーグルトです。

 今日は、『歯や骨を丈夫にする食べ物』について、紹介します。
 歯や骨は、体を支え、カルシウムを蓄える大切な役割があります。丈夫な歯や骨をつくるためには、毎日の食事でしっかりカルシウムをとることが大切です。特に、小学生から中学生にかけて、体が成長している時期は、大人より多くカルシウムをとる必要があります。
 カルシウムを多く含む食品は、小魚、ひじき、小松菜、豆腐などです。さらに、よくカルシウムがとれる食品は、牛乳や乳製品です。
 お家でも、食事やおやつでカルシウムの多い食品をとることを心がけましょう。 

6月22日の給食

今日は、パン 牛乳 カレースパゲティ グリーンアスパラガスのサラダ トマト です。

 今日は、『グリーンアスパラガス』について、紹介します。
  「グリーンアスパラガス」は、今が旬の野菜です。太い根っこに養分をたっぷり蓄え、新しい芽を出します。
 グリーンアスパラガスには、アスパラギン酸といわれる栄養成分が含まれており、疲労回復やスタミナをつける効果があります。昼の間に太陽の恵みを受け、夜になると一気に伸びます。一日に約5センチも生長するのは、この栄養成分のおかげです。
 今日は、旬の「グリーンアスパラガス」を『サラダ』にしました。
 
 

6月21日の給食

今日は、ごはん 切り干し大根とひじきの煮物 いかのさらさあげ そくせきづけ です。 

今日は、『食育月間』について、紹介します。
 6月は「食育月間」です。そして、毎月19日は食育の日です。
 松山市には、『楽しく食べてうまいぞなもし』という食育推進スローガンがあります。
 「食育」は、身近なものです。「いただきます、ごちそうさま」のあいさつをしたり、家族や友だちと一緒に食事をしたり、食事の準備や片付けをしたりすることも食育です。一緒に食べることで、食事のマナーを学ぶことができます。そして、食べものを大切にする心を持てるようになったり、楽しい会話で仲良くなれたりします。
 おうちの人や、友だちと食べることを楽しみましょう。

6月20日の給食

今日は、ベーコンライス 牛乳 コーンスープ ハンバーグのソースかけです。

 今日は、『教室の環境』について、紹介します。
 片付いた教室で給食を食べると気持ちがいいものです。
 気持ちよく食事ができると、おいしさがアップします。気持ちよく、楽しく食べられるように、みなさんが給食の前にできることは何でしょう。
 まず、窓を開けて、気持ちのよい風を入れましょう。
 次に、教室や机のまわりに落ちているゴミを拾ったり、机をふいて食事の環境を整えたりします。
 毎日みんなで協力して、楽しい給食時間を過ごしましょう。

6月19日の給食

 

今日は、ごはん さわにわん 若鶏の甘辛煮です。

今日は、『新ごぼう』について、紹介します。
 「新ごぼう」は、大きくなるまで育てず、春から夏の初めに収穫された、若いごぼうです。年中出回っている「ごぼう」と比べて、やわらかく風味も上品で、優しい香りがします。
 さて、ここでクイズです。ごぼうに多く含まれている栄養はどれでしょう。
 ①番 トラリン   ②番 イヌリン   ③番 ゾウリン
 答えは、②番のイヌリンです。イヌリンは、食物せんいのひとつです。体の調子を整え、生活習慣病のひとつである、糖尿病の予防に効果があるといわれています。
 今日は、ごぼうの入った『沢煮わん』でした。

6月18日の給食

 

今日は、ごはん 牛乳 ジャガイモのみそ汁 ぶたにくのしょうが焼き おひたしです。

今日は、『稲作』について、紹介します。
 「稲作」とは、稲を栽培して、お米を作ることです。米作りのスタートは、田植えからと思っていませんか。スタートは、前の年の収穫後から始まります。
 まずはじめは、「土づくり」からです。元気な稲に育つように、肥料を入れて土に力を付けます。その後、4月ぐらいから種をプランターにまいて、田植えをするまでの間、苗を育てます。そして、5月から6月にかけて田植えが始まり、収穫の秋まで心を込めて、世話をします。
 今日の給食のお米も、1年かけて作られたものです。

 

6月15日の給食

今日は 白ご飯 ビーフン汁 鶏肉のレモン焼き ボイルキャベツ です。

 今日は、『かむこと』について、紹介します。
 みなさんは、食べ物をかんでいるとき、どこが動いているか、知っていますか。
口の周りだけでなく、耳の下の方のあごや、おでこの横のあたりも動いています。触ってみてください。
かむ刺激によって、肥満を予防したり、脳が発達したりするだけでなく、出てくる唾液によって、虫歯や、がんを予防したりすることもできるようになります。
かむことは、単に食べ物を体に入れるだけでなく、体全体にとても良い働きをしています。今日もしっかりかんで味わって食べました。

6月14日の給食

 衛生的な準備を心がけ、おいしく給食をいただきましょう。本日の給食は、白ご飯 厚揚げ入り八宝菜 華風サラダ です。

今日は、『衛生的な準備の仕方』について、紹介します。
 雨が多く、じめじめした梅雨の季節は、目に見えないカビや細菌が空気中にたくさんいます。カビや細菌は、種類や量によって食中毒になったり、体調を崩したりする原因になることがあります。
 次の3つのことに気をつけて給食の準備ができているか、確認してみましょう。
 ① 給食の前には窓を開けて、空気を入れ替えていますか。
 ② 配膳台や机の上を、清潔な台ふきできれいにふいていますか。
 ③ 給食の前には、必ず石けんで手を洗っていますか。