今日の給食

今日の給食

11月8日の給食

今日の献立は、
・ ごはん
・ 牛乳
・ にら玉スープ
・ 酢豚

です。

 今日は、『酢豚』について、ご紹介します。
 酢豚は、中華料理のメニューの1つで、日本でもよく食べられています。きのこ、たけのこ、ねぎなどの野菜と揚げた豚肉を炒め、甘酢あんをからめています。とろみがあるため、熱いものが冷めにくく、なめらかな舌触りです。日本では酢豚と呼ばれていますが、酢豚と呼ばれるのは日本だけで、上海では、糖醋肉(タンツウロウ)、広東では、古咾肉(クーラオロウ)と呼ばれています。
 今日の給食の『酢豚』は、揚げた豚肉、揚げたじゃが芋、たけのこ、ピーマン、にんじん、玉ねぎ、きくらげが入っています。


11月7日の給食

 

 今日の献立は、
・ パン
・ 牛乳
・ 中華炒め
・ ナムル
・ やきいも

です。

 今日は、『焼き芋』について、紹介します。
今日の給食に出ている、焼き芋は、何のお芋でしょうか。
それは、さつま芋です。
 さつま芋は、江戸時代に中国から、今の鹿児島県に伝わり、古くから、日本人に食べられてきました。さつま芋には、エネルギーのもとになる炭水化物や、ウイルスから体を守るビタミンC、おなかの調子をととのえる食物せんいが、たくさん含まれています。
 味わっていただきましょう。

11月5日の給食

今日は、ごはん 牛乳 じゃがいものそぼろに ごまあえ 納豆 です。

 今日は『健康な生活を送るために大切なこと』について、ご紹介します。
 健康であるためには「食事」「運動」「休養・睡眠」が大切です。今日は、その中の『食事』についてお話をします。
 まずは、朝ごはんをしっかり食べましょう。朝食は1日のスタートを切るためにとても重要です。次に、好き嫌いをしないで何でも食べましょう。わたしたちは、勉強や運動をするために、食べ物からのエネルギーが必要です。また、体を大きく丈夫にして病気を防ぐためにも、食べ物は大切な役割をしています。いろいろな食べ物をバランスよく食べて健康な毎日を過ごすことができるといいですね。

11月1日の給食

今日は、ごはん 牛乳 野菜スープ いかのさらさあげ チンゲン菜のおひたし です。

 給食は、今日から「新米」です!今日は、『新米』について、ご紹介します。
 毎年、9月から10月になると、その年に収穫された米が「新米」として、お店で売られるようになります。新米は、水分をたくさん含んでいます。炊くと、香りがよく、つやつやとして、食べるともちもちしています。
 給食の米の種類は、愛媛県で作られた「にこまる」「あいのゆめ」「ヒノヒカリ」という種類のお米を使っています。

10月31日の給食

今日は、赤米ご飯 牛乳 きつねうどん 豚肉のからあげ すだち風味で漬け です。

今日は、『赤米』について、ご紹介します。
 みなさんが普段食べている「ごはん」は、白米です。これは、稲からとれた玄米から、きれいに外側の茶色い皮をはぎ取って、おいしく食べられるようにしたものです。
 日本には、白米の他に古代米といわれるお米があります。赤米や黒米が古代米として今でも食べられています。赤米は、稲からとれた玄米の色が赤いので赤米といいます。精米すると白米と同じように白色になります。
 今日は、白米と一緒に赤米を混ぜて炊いた『赤米ごはん』です。

10月30日の給食

今日の給食は、ごはん 牛乳 クリームシチュー フレンチサラダ です。

 今日は、『給食当番の健康』について、ご紹介します。
 給食当番の人は、給食を運搬したり、配膳したりするときに、衛生に気をつけて、安全に行うことが大切です。給食チェック表では次のことを確認します。
① 発熱・嘔吐・腹痛はないか。
② 手指・顔に傷はないか。
③ エプロン・マスク・帽子を着用し、服装は適切か。
④ 手は清潔で爪は切っており、手洗いはできているか。
 この4つのことを守って当番を行いましょう。

10月29日の給食

今日の献立は、
・ごはん 
・牛乳 
・厚揚げ入り八宝菜 
・バンサンスー

です。

 今日は、『生活習慣病の予防と食べ方』について、紹介します。
 生活習慣病とは、大人がなる病気として考えられていました。しかし、今では小学生や中学生でも肥満や糖尿病、高血圧や脂質異常症になる人も増えています。
 「生活習慣病」という名前からもわかるように、これらの病気は不規則な生活習慣や、乱れた食生活によって引き起こされます。また、今は病気としては身体に表れていなくても、望ましくない生活を続けていると、将来、生活習慣病になってしまう可能性があります。
 バランスの良い食事や、早寝・早起き・朝ごはんなど、自分ができることを見つけて、健康な生活を心がけましょう。

 

 

 

10月28日の給食

今日は、ごはん みそ汁 さけの塩焼き しそひじきあえ です。

 今日は、『鮭』について、紹介します。
 日本で獲れる鮭の80%以上は北海道で獲れます。
 川で卵から産まれた鮭は、川を下って海に行きます。そして、4年ほど海で大きく成長したあと、また川へ帰って卵を産みます。
 この産卵のために川へ帰るときの鮭が、一番脂がのっておいしい時期と言われます。9月から11月の秋が旬で、この時期には鮭の子である「いくら」も獲れます。

10月25日の給食

今日の献立は、
・ ごはん
・ 牛乳
・ コーンスープ
・ 鶏肉のトマトソース煮
・ ボイル野菜
・ ゼリー 

です。

 今日は、『パセリ』について、ご紹介します。

 パセリは外国では、薬のような効果があるため、古くから利用されてきた薬草のひとつです。消化を助けたり、食欲を増したりして、体調を整えるはたらきがあります。
 パセリには、葉が縮れた「カーリーパセリ」と、葉が平らで、より香りの強い「イタリアンパセリ」の2種類があります。葉だけでなく、軸もスープのだしとして使うと、おいしくなります。
 今日は『コーンスープ』に使われています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

10月24日の給食

今日の献立は、
・ ごはん
・ 牛乳
・ ひんのべ
・ 三色揚げ
 です。

    今日は、『長野県の味めぐり』について、お話をします。
 長野県は、山間地が多いため、米がたくさん作れない地域もあり、地元でできた小麦の粉を使った料理の食文化が、発達していました。
 「ひんのべ」は、小麦粉で作った団子と、旬の野菜や肉が入った郷土料理です。小麦粉で作った生地を引っ張って、のばして作ることから、「ひんのべ」という名前がついたそうです。
 長野県の郷土料理『ひんのべ』を、味わっていただきましょう。

 

 

 

 

 

 

10月23日の給食

今日は、パン 牛乳 きのこスパゲティ 茎わかめのサラダ 新高梨 です。

 今日は、『新高梨』について、ご紹介します。
 今日の梨の種類は、新高梨です。新高梨は、日本で生産される梨の中でも、豊水、幸水についで、3番目に多い梨です。熊本県や千葉県、高知県で多く栽培されており、旬は9月から11月で、出荷は10月が最盛期です。
 新高梨は、甘みがあって、実はやわらかく、果汁が多い梨です。
 また、大きさが、450gから、500gと、とても大きいのが特徴です。大きく育ったものの中には、1kgを超えるものもあるそうです。

10月21日の給食

今日は、白ご飯 牛乳 さつまいものみそ汁 たらの野菜あんかけ のり です。

今日は、『たら』について、ご紹介します。
 たらは、冷たい海の海底近くで生息している魚です。身は脂が少なく、柔らかい白身魚で、鍋料理などによく使われます。
 ここでクイズです。たらを漢字で書くと、魚へんに何と書くでしょう。
① 魚へんに 雨
② 魚へんに 氷
③ 魚へんに 雪
正解は③の魚へんに雪と書きます。雪のように真っ白な身をしているからです。
 今日は揚げた「たら」に、カレー味の野菜をかけた『たらの野菜あんかけ』です。

 

10月17日の給食

今日は、くりごはん 牛乳 わかめ汁 たらのもみじあげ 即席漬け です。

今日は、『栗』について、ご紹介します。
 たくさんのとげがある、丸い「いが」の中に栗の実があります。その栗の実が熟してくると、「いが」がぱっくり割れて、中から出てくる茶色の硬い実が「栗」です。
 ここで、クイズです。1つの「いが」の中に、栗は、いくつ入っているでしょうか。
 ①2つ ②3つ ③4つ 答えは、②の3つです。
 伊予市の中山でとれる「中山栗」は、大粒で、ほくほくとした甘い味がすることで有名です。
 今日は、「栗」が入った『栗ごはん』です。

 

10月16日の給食

今日は、あきのカレー 牛乳 だいこんサラダ ヨーグルト です。

 今日は、『ヨーグルト』について、ご紹介します。
 ヨーグルトは、牛乳を乳酸菌で発酵させたものです。
 ヨーグルトには、悪い菌を食べてくれるいろいろな種類の乳酸菌が含まれています。乳酸菌によってはたらき方が違うため、お店には、種類の違う乳酸菌が入ったヨーグルトがたくさん出ています。食べ比べてみてもいいですね。

10月15日の給食

今日は、ごはん 牛乳 肉じゃが アーモンドあえ 納豆 です。

 今日は、『アーモンド』について、ご紹介します。
 アーモンドの実は、桃によく似た形をしてます。果肉は薄く、実の中に堅い茶色の種が1つ入っています。これが私たちが食べているアーモンドです。甘口のスイートアーモンドと辛口のビターアーモンドがあり、食用にされるのは、スイートアーモンドです。独特の甘みや風味、歯ごたえがいいですね。
 今日は和え物に、細切りのアーモンドを使っています。よくかんでいただきましょう。

10月11日の給食

今日は、きのこごはん 牛乳 かきたま汁 いかのさらさ揚げ 小松菜のおひたし です。

今日は、『きのこ』について、ご紹介します。
 みなさんは、きのこの名前をいくつ知っていますか。ぶなしめじ、えのきたけ、しいたけ、エリンギなど、たくさんあります。現在日本には約2500種類のきのこが発見され、そのうちの300種類が食べられるものとされています。
 きのこの旬は秋で、骨を丈夫にする「ビタミンD」や「食物せんい」がたくさん含まれています。また、「グアニル酸」という、うま味成分も多く含まれています。
 今日の給食は、まいたけとぶなしめじを使った『きのこご飯』です。

10月10日の給食

今日は、ごはん 牛乳 野菜スープ チリコンカン りんご です。

今日は、『りんご』について、ご紹介します。
 りんごは約4000年前から栽培されていたといわれるほど、歴史の古い果物です。日本では青森県で最も多く栽培され、有名な「ふじ」と呼ばれる品種は、青森県で誕生しました。
 お店などで1年中みられるりんごですが、夏の終わりから秋にかけて成熟し旬をむかえます。果実全体が赤く色づき、軸がしっかりしていて、皮につやがあるものがおいしいといわれています。

10月9日の給食

今日は、ごはん 牛乳 きのこスープ 肉団子の甘酢煮 小松菜のごまあえ です。

 今日は、『私は誰でしょう』クイズをします。
① 私は、調味料のひとつです。
② 私は、疲れを回復します。
③ 私は、野菜の色が変わるのを防ぎます。
④ 私は、すっぱい味がします。
 わかりましたか。私は、「酢」です。毎日の料理に欠かせない大切な調味料です。
 今日は、『肉団子の甘酢煮』に使われています。

10月8日の給食

今日は、米粉パン 牛乳 タイピーエン さつまいものかきあげ です。

 今日は、『さつまいも』について、ご紹介します。
 さつまいもは、かぜ予防や肌あれに効くビタミンCがみかんと同じくらい含まれています。そして、おなかの調子を整える食物せんいがたっぷり含まれています。腸の動きを活発にさせ、便秘の解消にもなります。
 さつまいもは、もともと甘いものですが、長い時間をかけて熱を加えると、いっそう甘くなります。
 給食では、かき揚げにしました。熱を加えて甘くなった、さつまいもを味わいましょう。

10月4日の給食

今日は、松山ずし 牛乳 すまし汁 若鶏のからあげ キャベツのおひたし です。

 今日は、『秋まつりの行事食』でした。
 秋まつりは、秋の実りを感謝する日です。
 昔から祝い事や訪問客をもてなす時に、ちらし寿司を出す習慣があります。
 松山市では、郷土料理である、瀬戸の魚のうま味をいかした甘めの酢飯が特徴の、「松山鮓」が出されます。学生だった夏目漱石が初めて松山を訪れ、正岡子規の家に立ち寄った時、子規の好物でもあった「松山鮓」が出され、大いに喜んだそうです。
 今日の給食は、愛媛県の鯛が入った『松山鮓』です。松山の味をいただきましょう。

10月3日の給食

今日は、ごはん 牛乳 ワンタンスープ えびのチリソース ナムル です。

今日は、『効率的な配膳』について、ご紹介します。
 給食当番のみなさんは、給食室のサンプルケースを参考に配膳していますか。サンプルケースは量を見るだけでなく、どの料理がどの食器に盛り付けられているかをしっかり見ましょう。
 主食である、ごはんやパンは、お盆の左手前におきます。他の料理は、組み合わせによって、盛り付ける食器が変わります。おかずが増えてくると、今日のようにパン皿におかずが2種類、盛り付けられることもあります。給食 当番のみなさんは、どのようにすれば効率的に配膳ができるか考えて、配膳しましょう。

10月2日の給食

今日は、あぶたまどんぶり 牛乳 かわりきんぴら です。

 今日は、『きんぴら』について、ご紹介します。
 「きんぴら」は、江戸時代に人気のあった物語「金平浄瑠璃」の主人公、「坂田金平」の名前に由来すると言われています。「坂田金平」は、昔話で有名な「金太郎」の息子で、非常に強くて勇ましいと言われていました。料理の「きんぴら」は、唐辛子で辛味をきかせ、食材にはごぼうが使われることが多く、ごぼうが土の中に根を張って力強いことや、唐辛子の強い辛さが、「坂田金平」の強さに通じることから、「きんぴら」と呼ばれるようになりました。
 今日の給食は、ごぼうだけではなく、茎わかめの入った『変わりきんぴら』です。

 

10月1日の給食

 

 

 

 

 

 

 今日の献立は、  黒糖パン、 牛乳、 洋風煮込み、 海草サラダ、 チーズです。

 今日は、『パンや牛乳の食べ方』について、ご紹介します。
 みなさんは、パンを食べるときや牛乳を飲むときに、マナーを守って食べていますか。パンを口いっぱいにほおばったり、牛乳を一気に飲んでいませんか。
 パンは、ひと口に入る食べやすい大きさにちぎって、よくかんで食べます。よくかむと、唾液が出て消化吸収がよくなります。牛乳は一気に飲むとお腹が痛くなってしまうこともあるため、何回かに分けて飲みましょう。
 成長期のみなさんの身体に必要な食べ物です。正しく食べて、丈夫な身体をつくりましょう。

 

 

 

 

9月30日の給食

今日は、ごはん 牛乳 磯煮 たちうおのからあげ すだち風味漬 です。

 今日は、『正しいはしの持ち方』について、ご紹介します。
 みなさんは、正しいはしの持ち方ができていますか。確認してみましょう。
 まず、正しいえんぴつの持ち方で、はしを一本持ちます。もう一本のはしを、親指の付け根から入れて、薬指の先で支えます。食べ物をはさむときは、上のはしだけを動かすようにします。このようにはしを持つことで、食器に食べ物を残さずきれいに食べることができます。
 また、はしで食べ物をさして食べたり、はしを持ったまま同じ手で食器を持ったり、はしで食器をよせることはマナー違反です。
 みんなで気持ちよく食事をするためにも、正しいはしの使い方を心がけましょう。
 

今日の給食

 

 

 

 

 

 

今日の献立は、
・ もち麦ごはん
・ 牛乳
・ みそ汁
・ ちぎりじゃこてん
・ おひたし  

です。

 今日は、『愛媛県の味めぐり』について、お話をします。
 愛媛県は、東・中・南予の3つに分かれています。それぞれの地域ともに、海と山があり、地域の特色を生かし、特産品を使った料理や郷土料理があります。
 「もち麦ごはん」は、愛媛県の特産品である、もち麦を使ったごはんです。もち麦ははだか麦の一種で、もちもちとした食感が特徴です。
 「じゃこてん」は、南予地方の郷土料理で、小魚を骨ごとすりつぶしたすり身を油で揚げたものです。今日の給食では、すり身にたまねぎ、にんじん、ごぼうを混ぜて揚げています。味わっていただきましょう。

 

 

 

 

 

 

9月26日の給食

今日は、パン 牛乳 じゃがいものカレー風味 茎わかめのサラダ ぶどう です。

 今日は、『茎わかめ』について、ご紹介します。
 「茎わかめ」は、わかめの中心部の茎に当たる部分で、コリコリとした歯ごたえがあります。茎わかめには、食物せんいやビタミン、ミネラルが多く含まれています。特有のぬめりは、アルギン酸といった水溶性の食物せんいで、お腹の調子をよくする働きがあります。また、余分な塩分や、コレステロールを体の外に出す働きがあるので、血液をさらさらにするといわれています。皮膚や粘膜を丈夫にし、風邪を予防してくれます。
 歯ごたえのよい『茎わかめのサラダ』をよくかんでいただきました。

9月25日の給食

今日は、梅ご飯 牛乳 にゅうめん たこのいそべあげ ボイル野菜 です。 

 今日は、『たこ』について、ご紹介します。
 たこの種類は、「まだこ」「いいだこ」「みずだこ」などがありますが、一般にたこといえば「まだこ」を指すことが多いようです。松山市の垣生地区にある、今出の沖では、「まだこ」がよく捕れます。今出の沖は潮の流れが速く、たこのえさとなる、かにやえび、貝類などがたくさんいます。それらのえさを食べて育った、今出のたこは、まるまると太り、柔らかくて食べやすいのが特徴です。たくさん捕れる時期は、6月から9月です。
 今日は、『たこ』と一緒にじゃがいも、玉ねぎ、にんじんを青のりの衣をつけて揚げています。よくかんでいただきました。

9月24日の給食

今日は、ごはん 牛乳 親子煮 酢物 です。

 今日は、『親子煮』について、ご紹介します。
 親子丼 や親子煮といわれている料理には、名前のとおり、親子の食材が使われています。どの食材か、わかりますか。今日の給食の親子煮を見てみましょう。使われている食材は、鶏肉、じゃがいも、玉ねぎ、にんじん、油揚げ、しいたけ、枝豆、卵です。この中で、親子の食材は、卵と鶏肉です。ほかにも、鮭といくら、いわしとちりめんなど、いろいろな親子の食材があります。親子の食材を使った料理を、探してみても、おもしろいですね。

 

9月20日の給食

今日は、ごはん 牛乳 クリームスープ 豚肉のレモン焼き コーンサラダ です。

今日は、『食事とスポーツ』について、ご紹介します。
 スポーツをしていて「もっとうまくなりたい」「強くなりたい」と思う人は多いと思います。そんな時は、練習 内容だけではなく、食事内容について、見直してみるとよいかもしれません。食事は練習と同じくらい、とても大切です。「これを食べれば強くなる」という食べ物はありません。しっかりとした体を作るためには、いろいろな食品を組み合わせて、栄養のバランスをとることが大切です。主食、主菜、副菜、汁物、牛乳・乳製品、果物をそろえると、栄養のバランスが整うといわれています。強い体を作るためにも、いろいろな食品を組み合わせて、バランスよく食べましょう。

9月19日の給食

今日は、ごはん 牛乳 すまし汁 さんまの塩焼き ごまあえ です。

 今日は、『さんま』について、ご紹介します。
 さんまは、刀のように細長い体形で、秋に脂がのっておいしい時期になることから、漢字で、「秋」「刀」「魚」と書きます。
 さんまは、イワシやさばと同じ、背が青い青魚で、EPAやDHA と呼ばれる体によい働きをする脂を豊富に含んでいます。これらの脂は、私たちの体の中では作ることができないので、食べ物からとる必要があります。
 今日は、旬のさんまを塩焼きにしました。

9月18日の給食

今日は、みかんパン 牛乳 洋風煮こみ カラフルナムル 大豆かりんとう です。

 今日は、『みかんパン』について、ご紹介します。
 愛媛県といえば、みかんといわれるほど、たくさんの種類のみかんがあります。みかんは、そのまま食べる他に、ジュースやお菓子などに使われることがあります。学校給食でも、そのまま食べる他に何かできないだろうかと考えられたのが、みかん果汁をパンの生地に加えて焼いた「みかんパン」です。平成15年に初めて給食に登場しました。最初は「味がすっぱい」という意見が多くありましたが、果汁の量など工夫をして、今の「みかんパン」になっています。
 愛媛県産みかんから作った、果汁を入れた『みかんパン』味わっていただきました。

9月17日の給食

今日は、ごはん 牛乳 豚汁 若鶏のからあげ 即席漬 です。

 今日は、『朝食の役割』について、ご紹介します。
 朝食は、1日を元気に過ごすために、3つのスイッチを入れる役割があります。
 1つめに、体のスイッチです。朝ごはんを食べると、寝ている間 に下がった体温が上がり、体が目覚めます。2つめに、頭のスイッチです。脳は寝ている間もエネルギーを使っています。朝ごはんを食べて栄養を送ることで、目を覚まします。3つめに、おなかのスイッチです。朝ごはんを食べると、胃や腸が動き始めます。朝食で生活リズムをつくると、おなかの調子もよくなります。
 朝食を食べて、体、頭、おなかを目覚めさせ、元気に学校生活を送りましょう。

9月13日の給食

今日は、ごはん 牛乳 いもたき かぼちゃのかきあげ です。

 今日は、『お月見といもたき』について、ご紹介します。
 お月見とは、旧暦の8月15日に月を鑑賞する行事です。この日の月は「中秋の名月」「十五夜」「芋名月」と呼ばれ、今年は9月13日です。お月見は、秋の収穫に感謝するため、すすきやお団子をかざります。その中でも特に、芋類の収穫を感謝し、里芋や、さつま芋をかざるところもあります。愛媛県では、お月見をしながら、河原などで、さといもを使った「芋炊き」を食べる地域が多くあり、特に大洲市の「芋炊き」は有名です。
 今日の給食は、さといも、鶏肉、ごぼう、にんじん、しいたけなどが入った『芋炊き』です。秋の味をおいしくいただきましょう。

9月12日の給食


今日は、ごはん 牛乳 野菜スープ たらのピリカラフル なし です。

今日は、『梨』について、ご紹介します。
 梨は、水分が多く含まれていて、シャリシャリとした食感が特徴の果物です。8月から10月が旬の時期で、くりやぶどうと並ぶ代表的な秋の果物です。
 梨は、中国で生まれ、世界の広い地域でつくられています。日本で栽培される果物の中でも歴史が古く、弥生時代には栽培され、江戸時代には品種も増えました。

 

9月11日の給食

今日は、ごはん 牛乳 高野豆腐の中華炒め バンサンスー です。

 今日は、『高野豆腐』について、お話をします。
 高野豆腐は、豆腐を長く保存できるように作られた食べ物です。昔は、うすめに切った豆腐を、寒い冬の夜に家の外で凍らせ、わらで結んで日に干していました。それを湯につけてもどし、また乾燥させるという大変手間のかかるものでした。豆腐を凍らせて作ることから、「凍り豆腐」ともよばれています。この凍り豆腐が高野豆腐といわれるのは、和歌山県の高野山に住むお坊さんが、はじめに作ったことから、高野豆腐といわれているようです。日本料理によく使われますが、今日は、中華炒めでした。

9月10日の給食

今日は、パン 牛乳 イタリアンスパゲティ ピオーネ です。

今日は、『ぶどう』について、ご紹介します。
 現在日本で栽培されているぶどうの品種は、「巨峰」や「デラウェア」をはじめとして、約 50~60種類あると、いわれています。中でもピオーネは、大きくしっかりとした果肉が特徴で、甘みの中にさわやかな酸味が広がる品種です。
 ぶどうは、生でそのまま食べる他に、乾燥させてレーズンにしたり、果汁を使ってジュースに加工したりします。日本では、山梨県や長野県で、松山市では伊台・五明地区で盛んに栽培されています。
 

9月9日の給食

 今日は、ごはん 牛乳 さわにわん ししゃもの南蛮漬 いそあえです。

今日は、『献立にふさわしい盛り付け』について、ご紹介します。
 料理は、「舌と目で味わうもの」といわれます。せっかくおいしく作った料理も、見た目が悪いとおいしさが半減してしまいます。そのため盛り付けも大切です。給食の盛り付けも同じです。盛り付ける前におかずをどの器に入れるか確認をしておきましょう。配膳 台の上に食 缶を置き、その横に器をおきます。お皿に2つの物を盛り付けるときは、横に並べておきます。汁ものは食 缶の下に具がたまっているので、かき混ぜてからつぎ分けましよう。食べやすく見た目にも美しい盛り付けができるように配膳をしましよう。

9月6日の給食

今日は、夏野菜カレー 牛乳 こんぶサラダ です。

 今日は、『暑さで体力が落ちる時期の衛生面に注意すること』について、ご紹介します。
 夏休みが終わっても暑い日が続き、体力が落ちやすくなります。体力が落ちると、ウィルスやばい菌に感染しやすくなり、病気になってしまいます。病気にならないよう体力をつけるため、しっかり食事をとりましょう。
 そして、口から入るウィルスやばい菌を減らすために、体や服を清潔にし、正しい手洗いをすることが大切です。
 また、テーブルや教室の床や廊下を汚れたままにしていると、ばい菌はどんどん増えていきます。清潔な環境にして食事をしましょう。

9月5日の給食

今日は、ごはん 牛乳 ポークビーンズ ひじきサラダ です。

 今日は、『ひじき』について、ご紹介します。
 ひじきの種類はいろいろあり、代表的なものは「長ひじき」と「芽ひじき」です。松山市では興居島でよくとれます。お店で売られている、ひじきは、乾燥されているもので、水でもどすと、約7倍から8倍くらいの量になります。ひじきには、骨や歯を強くするカルシウムや、おなかの中のそうじをする、食物せんいがたくさん含まれており、煮物やサラダによく使われます。
 今日は、海の香りいっぱいの『ひじきサラダ』です。

 

9月4日の給食

今日は、チキンピラフ 牛乳 ミネストローネ ホキの香味揚げ です。

 今日は、『ピラフ』について、ご紹介します。
 ピラフは、生のお米を炒めてからスープで調理して作ります。「プラーカ」というインド料理が元となったといわれています。
 ピラフに似た料理に焼き飯やチャーハンがあります。ピラフは生のお米に具材を入れて炊き、チャーハンは、お米を炊いて、ごはんにしたものと具材を一緒に炒めます。ピラフは、日本の炊き込みご飯と共通する調理方法です。
 今日は、鶏肉を使って炊き上げた『チキンピラフ』です。

9月2日の給食

今日は、豚玉丼 牛乳 揚げじゃがきんぴら です。

久しぶりの給食、いかがでしたでしょうか。
 今日は、『朝食の大切さ』について、お話をします。
 みなさんは、今日、朝ごはんを食べて学校に登校することができましたか。朝食をとることで、 午前中 集中して学習や運動に取り組めるだけでなく、イライラすることなく、心を落ち着けて生活することができます。
 朝ごはんを食べるためには、登校するまでに、ゆとりをもつことが大切です。そのために、夜更かしをしないことや、夜食を食べ過ぎないなど、1日の生活 全体を見直し、規則正しいリズムをつくりたいものです。夏休みにリズムが崩れてしまった人は、朝ご飯の時間を大切にしてみてくださいね。「早寝・早起き・朝ごはん」の習慣をつけ、元気な体と心をつくりましょう。

「我が家の献立」募集!!

松山市で我が家の献立を募集しています

まず、4校(生石小学校含む)の給食を作っている味生調理場で一つ選び、実施します。

詳しくは次のホームページをごらんください。応募用紙がダウンロードできます。

奮ってご応募ください。待っております。

https://www.city.matsuyama.ehime.jp/kurashi/kosodate/kyuusyoku/13944120181225100422.html

7月18日の給食、今学期終了です

今日は、媛麦パン 牛乳 ソーセージとじゃがいもの煮こみ しょうゆドレッシングサラダ とうもろこし です。

 今日は、『G20愛媛・松山労働雇用大臣会合』に関連した『ドイツの献立』です。
 ドイツは、作物が育ちにくい風土だったため、保存食の文化が発達しました。その代表が、ソーセージです。また、ドイツにじゃがいも料理が多いのは、じゃがいもがよく育ったため活用されてきたからです。
 さらにドイツはパン王国、で1500種類以上あり、ライ麦や全粒粉を使った栄養豊富なパンがあります。
 給食では、ライ麦の代わりに媛麦を使った『媛麦パン』と『じゃがいもとソーセージの煮込み』です。

今日で、1学期の給食は終わりです。おいしく、楽しく食べていただき、ありがとうございました。

夏休みも「早寝、早起き、朝ご飯」を心がけ、しっかり食べて、元気に過ごしましょう。

7月17日の給食

今日は、ごはん 牛乳 なすのみそ汁 ホキのアーモンド揚げ いそあえ です。

今日は、松山市でとれた「松山長なす」を使った『とれたて感謝の日』です。
 『とれたて感謝の日』とは、松山市でとれた野菜を使って、給食をつくる日のことです。「松山長なす」は、「まつやま農林水産物ブランド」に認定されています。
 松山長なすは、40センチを超えるとても長いなすです。種が少なく、皮も実も柔らかく甘みがあり煮物、揚げ物、焼き物といろいろな料理に使われます。長なすの栽培には、台風などの雨風が少なく、安定した気象条件が必要とされていて、昔から松山長なすは、松山城が見える範囲内が一番適した土地だと言われてきました。
 今日の給食は、「松山長なす」を使った『なすのみそ汁』です。

7月16日の給食

今日は、ごはん 牛乳 キャベツとベーコンのスープ チリコンカン のむヨーグルト です。

 今日は、『G20愛媛・松山労働雇用大臣会合』に関連した『アメリカの献立』です。
 チリコンカンは、メキシコ風アメリカ料理で、アメリカ合衆国の国民食のひとつです。チリコンカンのレシピは、19世紀半ばにメキシコから独立し、アメリカ合衆国に併合されたテキサス州南部で考えられたと言われており、「州の料理」に指定されています。ひき肉と玉ねぎを炒め、豆やトマト、チリパウダーなどの香辛料を加えて煮込んだ料理です。
 今日の給食では、大豆、豚肉ミンチ、玉ねぎ、にんじん、トマト、にんにく、トマトソース、チリパウダーを使って作っています。アメリカでよく食べられている『チリコンカン』を味わっていただきました。

7月12日の給食

 今日の献立は、もち麦ごはん、牛乳、キーマカレー、茎わかめのサラダ、トマトです。

 今日は、『G20 愛媛・松山労働雇用大臣会合』に関連した『インドの献立』です。
 インドは大変広い国で、地域、民族、宗教によって食文化も様々です。ナンやチャパティというパンを主食にする北インド料理と、日本と同じように米を主食にする、南インド料理に大きくわけられるそうです。また、スパイスを多く使うこともインド料理の特徴です。スパイスというと、辛いというイメージがありますが、スパイスは大きくわけて香りつけ、色つけ、辛味つけの3つの効用があります。インドの家庭では、家族の健康にあわせてスパイスを調合し、各家庭オリジナルのスパイスがあるそうです。
 今日の給食は『キーマカレー』です。スパイスの効いたカレーをおいしくいただきましょう。

7月11日の給食

今日は、ごはん 牛乳 枝豆スープ 鶏肉のレモン焼き フレンチサラダ です。 

 今日は、『安全で衛生的な食品の選び方』について、ご紹介します。
 みなさんは、お店で食品を買うときに、値段や新鮮さ、産地や原材料などたくさんの情報がある中、どんなところを見て選びますか。
 学校給食では、食品の原材料や産地、製造方法などたくさんの項目について確認しています。そして、安全が確認された食品を使い、衛生に気をつけて調理をしています。
 みなさんも、買い物に行ったときには、食品に表示されている情報を見つけてみましょう。

7月10日の給食

今日は、たちうおめし 牛乳 さわにわん 夏野菜のかきあげ です。

 今日は、『配膳台への置き方の工夫』について、お話をします。
 給食を配膳するために、食器や食 缶を置く配膳台は大切です。給食の時間が始まったら、きれいにふいて、準備をします。給食 当番が運んできた食器や食 缶は、置く場所を考えると、給食の配膳が手早くできます。配膳図を見て、おかずやご飯と食器を配膳しやすいように置いていきましょう。置き方を工夫すると、準備が早くでき、給食を食べる時間が長くなります。みんなで協力して、給食の準備をしましょう。
 

7月9日の給食

今日は、パン 牛乳 夏野菜のスパゲティ イタリアンサラダ すいか です。

今日は、『G20 愛媛・松山労働雇用大臣会合』に関連した『イタリアの献立』です。
 イタリアは、南北に長い国のため、地域によって様々な料理の特徴があります。また、昔は1つの国ではなかったため、ナポリ料理やジェノバ料理など、その地域ごとに郷土料理があるそうです。イタリア料理は、2010年にはギリシャ料理、スペイン料理、モロッコ料理とともに、「地中海の食事」としてユネスコの無形文化遺産に登録されました。
 日本でのイタリア料理には、オリーブオイルやトマトが使われていることが多いですが、これは南イタリアの特徴で、北イタリアではバターや生クリームを使用する料理が多いそうです。
 今日はオリーブオイルを使った『夏野菜のスパゲティ』と『イタリアンサラダ』です。

7月8日の給食

今日は、とうもろこしおこわ 牛乳 すまし汁 鮭としゃがいものやさいあんかけ です。

 今日は、『北海道の味めぐり』について、ご紹介します。
 北海道は、広大な大地と涼しい気候に恵まれおり、たくさんの農産物が収穫されます。中でも、とうもろこしの生産量は日本一で甘みが強いのが特徴です。じゃがいもは、多くの品種が栽培されており、特に冬の間、冷蔵室や雪の下で保管されたものは甘く熟成して出回ります。
 また、北海道は漁業が盛んで、鮭の水揚げ量は、日本一です。鮭は、捨てるところがない魚といわれており、身は、ちゃんちゃん焼き、石狩鍋などの料理に使われ、卵は、イクラとして食べられています。
 今日は、北海道でとれた食材を使った『とうもろこしおこわ』と、『鮭とじゃが芋の野菜あんかけ』です。