今日の給食

今日の給食

5月8日の給食

今日の給食は、茶飯 牛乳 みそ汁 豆鉄じゃこてん

今日は、『お茶』について、紹介します。
 日本では、昔から親しまれてきた身近な飲み物です。日本で生産されているお茶のほとんどは緑茶です。
 お茶には、煎茶、番茶、ほうじ茶、玉露、抹茶など、いろいろな種類がありますが、それぞれに、香りや色、風味が違います。
 また、お茶は飲むだけでなく、料理に利用することもできます。
 今日の給食は、ごはんにお茶を一緒に炊き込んだ『茶飯』です。

 年に1回しか出ない茶飯、とても良い香りがしました。

5月7日の給食

今日の給食は、ハヤシライス 牛乳 茎わかめのサラダ です。

今日の給食は ハヤシライス 牛乳 茎わかめのサラダです。

今日から、週に1回月曜日、給食委員会さんによるテレビ放送をはじめました。

この放送では、給食の材料を、働きによって、黄・赤・緑の3つのグループに分けます。 

また、今日は、茶摘みの歌を紹介したり、今が旬の、豆のクイズを出したりしました。お家でも話題にしてみてください。

5月2日の給食

今日の給食は ひじきごはん 牛乳 すまし汁 そら豆のかきあげです。

 今日は、『旬の「そら豆」を生かした献立』です。
 「そら豆」は秋に種をまいて、夏の初めに収穫する、今が旬の野菜です。
 花が咲いた後、「さや」が空に向かって伸びることから「そら豆」といわれたり、「さや」の形が、蚕の形に似ていることから、蚕に豆と書いて「そら豆」と呼ばれたりします。「おいしいのは3日間だけ」ともいわれるくらい、とれたてがおいしい野菜です。
 今日は、松山でとれた「そら豆」を『かき揚げ』にしました。さやははぶやまたんぽぽさしもも学級さんが、むいてくれました!

ありがとうございました。

5月1日の給食

今日の給食は、ごはん けんちんじる りょくちゃころもあげ おひたしです。

今日は、『八十八夜』について、お話をします。
 立春から88日目のことを八十八夜といいます。今年は5月2日です。八十八夜は、春から夏に移り変わる節目の日、夏の準備を始める、縁起のいい日といわれています。気候も安定するので、種まきや、茶摘などの農作業開始の基準としているそうです。
 お茶の葉は、冬の間に養分を蓄え、春になると少しずつ芽を出します。いち早く芽吹いた茶葉を収穫して作ったお茶を「新茶」「一番茶」といい、その後摘み取られる茶葉より、栄養が高いといわれています。
 今日は、衣にお茶を使った『緑茶衣 揚げ』です。

4月27日の給食

 

今日の給食は、パン 中華炒め シューマイ 杏仁豆腐です。

今日は、『中華料理』について、お話をします。
 中華料理の中で、軽く食べられるような料理を「点心」といいます。この点心には食事になるものと、甘いデザートがあります。
 食事になる点心には、シューマイやぎょうざ、春巻き、肉まんなどが有名です。主に小麦粉の皮で「あん」と呼ばれる豚ひき肉などを包んだものが多く、料理法は、ゆでたり、蒸したり、揚げたりとさまざまです。
 甘い点心には、杏仁豆腐やあんまんなどがあります。
 今日の給食は、『シューマイ』と『杏仁豆腐』です。

1年生ははじめてのパン。

「ちぎって食べるよ!」上手に口に運んでいました。

4月25日の給食

今日の給食は、ひよこまめのピラフ 野菜スープ いかのさらさ揚げ カラマンダリン

今日は、『カラマンダリン』について、紹介をします。
 カラマンダリンは、表面の皮はボコボコしていて、冬の間、木に実らせたままじっくりと熟成させるため、果肉は柔らかく、甘みが強いことが特長です。主に愛媛県で栽培されており、全国の生産量の約半分を占めています。さらに、愛媛県の中でも、生産量の約90パーセントを松山市が占めており、カラマンダリンは「まつやま農林水産物ブランド」に認定されています。
 今が旬の春のみかん、『カラマンダリン』を味わっていただきましょう。

4月24日の給食

 今日の給食は、白ご飯 牛乳 山菜うどん ホキの香味揚げ 即席漬です。

 今日は、『揚げ物』について、紹介をします。
 「揚げ物」は、多めの油を170度から180度ぐらいの高い温度に上げ、魚や肉、野菜などを加熱する調理方法です。
 「揚げ物」には、食品をそのまま揚げる「素揚げ」、小麦粉や片栗粉をつけて揚げる「から揚げ」、小麦粉に卵や水を混ぜて作った衣につけて揚げる「てんぷら」、さらにパン粉をつけて揚げる「フライ」など、たくさんの種類があります。
 今日の「香味揚げ」は、衣にパセリを加えています。味わっていただきましょう。

2年生の教室にて、かわいい一言。「なんで、うどんが3歳なん?」

4月20日の給食

 

今日は、チキンピラフ 春キャベツのポトフ 華風サラダです。

今日は、松山市でとれた「春キャベツ」を使った『とれたて感謝の日』です。
 キャベツは1年を通して食べることができますが、今の時期に収穫されるものを特に「春キャベツ」といいます。
 春キャベツは、葉っぱの巻き方がゆるく、やわらかくて、甘みがあるのが特長です。また、シャキシャキとした歯ごたえもあります。葉っぱがやわらかいので、サラダなど、生で食べるのに適しています。ビタミンCが豊富で、かぜ予防に効果があります。
 今日の献立は、今が旬の松山市の春キャベツを使った『ポトフ』です。

4月19日の給食

 

今日の給食は、カレーライス ひじきサラダです。

今日から1年生の給食がはじまりました。みんなで協力して準備し、ぱくぱく食べて、片付けもぴかぴかにできました。

今日は『ひじき』について紹介します。
ひじきは、煮物や炊き込みご飯などにして食べられています。縄文時代の貝塚からも発見されていて、日本では古くから親しまれていました。
 松山ひじきは、潮の流れが速く、きれいな忽那諸島で育ったひじきで、芽と茎のバランスが良く、しゃきしゃきとした食感が特徴です。
 ひじきは、岩場に根を張っているため、潮が引いたときに、鎌でていねいに刈り取られます。そして、汚れを取り除いて、3日から4日かけて太陽の光と海の風でしっかり干して乾燥します。その後、加工工場に運ばれて、洗ったあと加熱・殺菌されて製品になります。
 今日は、「松山ひじき」をサラダにしました。おいしくいただきましょう。

4月18日の給食

今日の給食は、パン ミートスパゲティ コーンサラダです。

 今日は、『冷凍野菜』について、紹介します。
 冷凍野菜を知っていますか。冷凍技術や、流通が発達した現代では、さまざまな野菜が冷凍されて使われています。
 冷凍野菜には大きくふたつ、良いことがあります。
 ひとつ目は、それぞれの野菜の旬の時期に冷凍して、長く保存ができることです。このため、安くて栄養価が高い、旬の時期の野菜が、一年を通して食べられます。ふたつ目は、野菜の下ごしらえを工場でしているので、短い時間で簡単に調理ができることです。
 今日の『コーンサラダ』は、北海道産の旬の味をとじ込めた、冷凍コーンを使っています。