今日の給食

今日の給食

11月21日の給食

今日は、媛麦パン 牛乳 ポークビーンズ ドレッシングサラダ です。

 今日は、『はだか麦』について、ご紹介します。
 愛媛県は、はだか麦の生産量が日本一です。脱穀すると簡単に皮が取れることから、「はだか麦」と名前がつきました。はだか麦は昔から、麦みそや麦ごはんなどに使われており、今ではパンやお菓子にも使われています。今日の給食の媛麦パンには製粉した粉を使っています。
 今日のパンは、愛媛県産はだか麦を使用した、『媛麦パン』です。香りや食感を味わいましょう。

11月20日の給食

今日は、ごはん 牛乳 麻婆豆腐 切り干し大根の中華サラダ ヨーグルト です。

今日は、『春雨』について、ご紹介します。
 春雨は、豆のひとつである緑豆やじゃがいも、さつまいものでんぷんを材料とした生地を、小さな穴の開いた機械から鍋に落として作ります。この様子が、春に細く静かに降る雨に似ていることから、「春」に「雨」と書いて「春雨」と呼ばれるようになりました。
 春雨は中国で誕生し、春巻きや中華炒め、ナムルなどの中華料理でよく使われます。日本でも、スープに入れたり鍋の具材に使ったりと、親しまれている食品です。

11月19日の給食

今日の給食は、ごはん 牛乳 じゃがいものカレー風味 海草サラダ みかん です。

 今日は、『カレー粉』について、ご紹介します。
 カレー粉は、いくつかの香辛料を合わせて粉末にした調味料です。香辛料は、とうがらしやこしょうなど辛味を付けるもの、クミンやコリアンダーなど香りを付けるもの、ターメリックやパプリカなど色を付けるものと、3種類に分けられます。
 ここで、クイズです。カレー粉の消費量が1位の国はインドですが、2位の国はどこでしょう。
 ① アメリカ  ② タイ  ③ 日本
 正解は、③の日本です。カレーライスの他にも揚げ物や炒め物など、カレー粉で味付けをしたものが好まれています。
 今日の給食は、『じゃがいものカレー風味』です。

11月18日の給食

今日は、五穀米入りごはん 牛乳 キャベツのみそ汁 鯛のレモン煮 いそあえ です。

 今日は、『和食の日』について、ご紹介します。
 11月24日は「いいにほんしょく」と読み、和食の日です。
 和食の中で、最も重要なのが「だし」です。味の基本は「塩味」「酸味」「苦味」「甘味」「うま味」です。この「うま味」が「だし」のことです。江戸時代の料理の本には「だしこそ料理の根本である」と書かれています。だしは、昆布、かつお節、煮干し、干ししいたけなどからとります。
 今日は煮干しのだしを使った『みそ汁』です。だしのうま味を感じて、おいしくいただきましょう。

11月15日の給食

今日の献立は、
・ ごはん
・ 牛乳
・ 豚肉と野菜の炒め物
・ 酢物  
 です。

 今日は、『豚肉』について、ご紹介します。
 豚肉は、たんぱく質やビタミンが多く含まれ、体の疲れをとるはたらきがあります。しょうが焼きや、酢豚、豚汁など、いろいろな料理に使われます。また、ハムやベーコンなどの加工食品にすることもできます。
 豚肉が一般的に食べられるようになったのは、明治時代からだといわれていますが、沖縄県や鹿児島県ではもっと古くからよく食べられていました。鹿児島県の「黒豚」や沖縄県の「アグー」はブランド豚として有名です。
 今日は、豚肉を野菜と一緒に炒めています。

 

11月13日の給食

今日の献立は、
・ ごはん
・ 牛乳
・ 五目煮
・ サケのてりやき
・ 小松菜のおひたし

です。

 今日は、『和食の食べ方とマナー』について、ご紹介をします。
 和食は、一汁三菜として、食器の位置が決まっています。今日の給食では、ごはんは、左手前、五目煮は右側に置きます。奥側に「サケのてりやき」と「小松菜のおひたし」が配膳されたお皿を置きます。箸は、箸の先を左側にむけて、そろえて置きます。
 食べる時は、箸を正しく持って、反対の手でごはんや五目煮などの食器を持ちます。食事のマナーを守って、楽しくいただきましょう。
     

11月12日の給食

今日の給食は、ごはん 牛乳 みそにこみうどん かみかみあげ みかん です。

 今日は、『安全で衛生的な食器具の使い方』について、ご紹介します。
 安全に食器具を運び、衛生的に使うために、給食当番の人は、次のことに気をつけます。
① ごはんや大きなおかずの食缶、食器などは重いので、協力して運びましょう。
② 熱い汁物は、特に注意して、落ち着いて運びましょう。
③ 食器や食缶は、きれいにふいた配膳台に置きましょう。
④ つぎわけるときは、食器の内側に指を入れないようにしましょう。

11月11日の給食

今日は、キーマカレー 牛乳 ひじきサラダ です。

 今日は、『キーマカレー』について、ご紹介します。
 キーマカレーは、インドで伝統的に食べられているカレーのひとつです。インドで「キーマ」は、「ひき肉」という意味があります。本場のインドでは、羊や山羊、とりのひき肉を使うことが多いそうです。
 カレーには、「ターメリック」や「クミン」といった、たくさんの香辛料が入っています。これらの香辛料は、食欲を高めたり、体を温めたりするはたらきがあります。インドでは、各家庭でスパイスを調合してオリジナルのカレーを作っています。

 

11月8日の給食

今日の献立は、
・ ごはん
・ 牛乳
・ にら玉スープ
・ 酢豚

です。

 今日は、『酢豚』について、ご紹介します。
 酢豚は、中華料理のメニューの1つで、日本でもよく食べられています。きのこ、たけのこ、ねぎなどの野菜と揚げた豚肉を炒め、甘酢あんをからめています。とろみがあるため、熱いものが冷めにくく、なめらかな舌触りです。日本では酢豚と呼ばれていますが、酢豚と呼ばれるのは日本だけで、上海では、糖醋肉(タンツウロウ)、広東では、古咾肉(クーラオロウ)と呼ばれています。
 今日の給食の『酢豚』は、揚げた豚肉、揚げたじゃが芋、たけのこ、ピーマン、にんじん、玉ねぎ、きくらげが入っています。


11月7日の給食

 

 今日の献立は、
・ パン
・ 牛乳
・ 中華炒め
・ ナムル
・ やきいも

です。

 今日は、『焼き芋』について、紹介します。
今日の給食に出ている、焼き芋は、何のお芋でしょうか。
それは、さつま芋です。
 さつま芋は、江戸時代に中国から、今の鹿児島県に伝わり、古くから、日本人に食べられてきました。さつま芋には、エネルギーのもとになる炭水化物や、ウイルスから体を守るビタミンC、おなかの調子をととのえる食物せんいが、たくさん含まれています。
 味わっていただきましょう。