今日の給食

2019年7月の記事一覧

「我が家の献立」募集!!

松山市で我が家の献立を募集しています

まず、4校(生石小学校含む)の給食を作っている味生調理場で一つ選び、実施します。

詳しくは次のホームページをごらんください。応募用紙がダウンロードできます。

奮ってご応募ください。待っております。

https://www.city.matsuyama.ehime.jp/kurashi/kosodate/kyuusyoku/13944120181225100422.html

7月18日の給食、今学期終了です

今日は、媛麦パン 牛乳 ソーセージとじゃがいもの煮こみ しょうゆドレッシングサラダ とうもろこし です。

 今日は、『G20愛媛・松山労働雇用大臣会合』に関連した『ドイツの献立』です。
 ドイツは、作物が育ちにくい風土だったため、保存食の文化が発達しました。その代表が、ソーセージです。また、ドイツにじゃがいも料理が多いのは、じゃがいもがよく育ったため活用されてきたからです。
 さらにドイツはパン王国、で1500種類以上あり、ライ麦や全粒粉を使った栄養豊富なパンがあります。
 給食では、ライ麦の代わりに媛麦を使った『媛麦パン』と『じゃがいもとソーセージの煮込み』です。

今日で、1学期の給食は終わりです。おいしく、楽しく食べていただき、ありがとうございました。

夏休みも「早寝、早起き、朝ご飯」を心がけ、しっかり食べて、元気に過ごしましょう。

7月17日の給食

今日は、ごはん 牛乳 なすのみそ汁 ホキのアーモンド揚げ いそあえ です。

今日は、松山市でとれた「松山長なす」を使った『とれたて感謝の日』です。
 『とれたて感謝の日』とは、松山市でとれた野菜を使って、給食をつくる日のことです。「松山長なす」は、「まつやま農林水産物ブランド」に認定されています。
 松山長なすは、40センチを超えるとても長いなすです。種が少なく、皮も実も柔らかく甘みがあり煮物、揚げ物、焼き物といろいろな料理に使われます。長なすの栽培には、台風などの雨風が少なく、安定した気象条件が必要とされていて、昔から松山長なすは、松山城が見える範囲内が一番適した土地だと言われてきました。
 今日の給食は、「松山長なす」を使った『なすのみそ汁』です。

7月16日の給食

今日は、ごはん 牛乳 キャベツとベーコンのスープ チリコンカン のむヨーグルト です。

 今日は、『G20愛媛・松山労働雇用大臣会合』に関連した『アメリカの献立』です。
 チリコンカンは、メキシコ風アメリカ料理で、アメリカ合衆国の国民食のひとつです。チリコンカンのレシピは、19世紀半ばにメキシコから独立し、アメリカ合衆国に併合されたテキサス州南部で考えられたと言われており、「州の料理」に指定されています。ひき肉と玉ねぎを炒め、豆やトマト、チリパウダーなどの香辛料を加えて煮込んだ料理です。
 今日の給食では、大豆、豚肉ミンチ、玉ねぎ、にんじん、トマト、にんにく、トマトソース、チリパウダーを使って作っています。アメリカでよく食べられている『チリコンカン』を味わっていただきました。

7月12日の給食

 今日の献立は、もち麦ごはん、牛乳、キーマカレー、茎わかめのサラダ、トマトです。

 今日は、『G20 愛媛・松山労働雇用大臣会合』に関連した『インドの献立』です。
 インドは大変広い国で、地域、民族、宗教によって食文化も様々です。ナンやチャパティというパンを主食にする北インド料理と、日本と同じように米を主食にする、南インド料理に大きくわけられるそうです。また、スパイスを多く使うこともインド料理の特徴です。スパイスというと、辛いというイメージがありますが、スパイスは大きくわけて香りつけ、色つけ、辛味つけの3つの効用があります。インドの家庭では、家族の健康にあわせてスパイスを調合し、各家庭オリジナルのスパイスがあるそうです。
 今日の給食は『キーマカレー』です。スパイスの効いたカレーをおいしくいただきましょう。

7月11日の給食

今日は、ごはん 牛乳 枝豆スープ 鶏肉のレモン焼き フレンチサラダ です。 

 今日は、『安全で衛生的な食品の選び方』について、ご紹介します。
 みなさんは、お店で食品を買うときに、値段や新鮮さ、産地や原材料などたくさんの情報がある中、どんなところを見て選びますか。
 学校給食では、食品の原材料や産地、製造方法などたくさんの項目について確認しています。そして、安全が確認された食品を使い、衛生に気をつけて調理をしています。
 みなさんも、買い物に行ったときには、食品に表示されている情報を見つけてみましょう。

7月10日の給食

今日は、たちうおめし 牛乳 さわにわん 夏野菜のかきあげ です。

 今日は、『配膳台への置き方の工夫』について、お話をします。
 給食を配膳するために、食器や食 缶を置く配膳台は大切です。給食の時間が始まったら、きれいにふいて、準備をします。給食 当番が運んできた食器や食 缶は、置く場所を考えると、給食の配膳が手早くできます。配膳図を見て、おかずやご飯と食器を配膳しやすいように置いていきましょう。置き方を工夫すると、準備が早くでき、給食を食べる時間が長くなります。みんなで協力して、給食の準備をしましょう。
 

7月9日の給食

今日は、パン 牛乳 夏野菜のスパゲティ イタリアンサラダ すいか です。

今日は、『G20 愛媛・松山労働雇用大臣会合』に関連した『イタリアの献立』です。
 イタリアは、南北に長い国のため、地域によって様々な料理の特徴があります。また、昔は1つの国ではなかったため、ナポリ料理やジェノバ料理など、その地域ごとに郷土料理があるそうです。イタリア料理は、2010年にはギリシャ料理、スペイン料理、モロッコ料理とともに、「地中海の食事」としてユネスコの無形文化遺産に登録されました。
 日本でのイタリア料理には、オリーブオイルやトマトが使われていることが多いですが、これは南イタリアの特徴で、北イタリアではバターや生クリームを使用する料理が多いそうです。
 今日はオリーブオイルを使った『夏野菜のスパゲティ』と『イタリアンサラダ』です。

7月8日の給食

今日は、とうもろこしおこわ 牛乳 すまし汁 鮭としゃがいものやさいあんかけ です。

 今日は、『北海道の味めぐり』について、ご紹介します。
 北海道は、広大な大地と涼しい気候に恵まれおり、たくさんの農産物が収穫されます。中でも、とうもろこしの生産量は日本一で甘みが強いのが特徴です。じゃがいもは、多くの品種が栽培されており、特に冬の間、冷蔵室や雪の下で保管されたものは甘く熟成して出回ります。
 また、北海道は漁業が盛んで、鮭の水揚げ量は、日本一です。鮭は、捨てるところがない魚といわれており、身は、ちゃんちゃん焼き、石狩鍋などの料理に使われ、卵は、イクラとして食べられています。
 今日は、北海道でとれた食材を使った『とうもろこしおこわ』と、『鮭とじゃが芋の野菜あんかけ』です。

7月4日の給食

今日は、ごはん 牛乳 じゃがいものカレー風味 しょうゆドレッシングサラダ ゼリー です。

 今日は、『安全で衛生的な食品の選び方』について、ご紹介します。
 みなさんは、お店で食品を買うときに、値段や新鮮さ、産地や原材料などたくさんの情報がある中、どんなところを見て選びますか。
 学校給食では、食品の原材料や産地、製造方法などたくさんの項目について確認しています。そして、安全が確認された食品を使い、衛生に気をつけて調理をしています。
 みなさんも、買い物に行ったときには、食品に表示されている情報を見つけてみましょう。