今日の給食

2019年9月の記事一覧

今日の給食

 

 

 

 

 

 

今日の献立は、
・ もち麦ごはん
・ 牛乳
・ みそ汁
・ ちぎりじゃこてん
・ おひたし  

です。

 今日は、『愛媛県の味めぐり』について、お話をします。
 愛媛県は、東・中・南予の3つに分かれています。それぞれの地域ともに、海と山があり、地域の特色を生かし、特産品を使った料理や郷土料理があります。
 「もち麦ごはん」は、愛媛県の特産品である、もち麦を使ったごはんです。もち麦ははだか麦の一種で、もちもちとした食感が特徴です。
 「じゃこてん」は、南予地方の郷土料理で、小魚を骨ごとすりつぶしたすり身を油で揚げたものです。今日の給食では、すり身にたまねぎ、にんじん、ごぼうを混ぜて揚げています。味わっていただきましょう。

 

 

 

 

 

 

9月26日の給食

今日は、パン 牛乳 じゃがいものカレー風味 茎わかめのサラダ ぶどう です。

 今日は、『茎わかめ』について、ご紹介します。
 「茎わかめ」は、わかめの中心部の茎に当たる部分で、コリコリとした歯ごたえがあります。茎わかめには、食物せんいやビタミン、ミネラルが多く含まれています。特有のぬめりは、アルギン酸といった水溶性の食物せんいで、お腹の調子をよくする働きがあります。また、余分な塩分や、コレステロールを体の外に出す働きがあるので、血液をさらさらにするといわれています。皮膚や粘膜を丈夫にし、風邪を予防してくれます。
 歯ごたえのよい『茎わかめのサラダ』をよくかんでいただきました。

9月25日の給食

今日は、梅ご飯 牛乳 にゅうめん たこのいそべあげ ボイル野菜 です。 

 今日は、『たこ』について、ご紹介します。
 たこの種類は、「まだこ」「いいだこ」「みずだこ」などがありますが、一般にたこといえば「まだこ」を指すことが多いようです。松山市の垣生地区にある、今出の沖では、「まだこ」がよく捕れます。今出の沖は潮の流れが速く、たこのえさとなる、かにやえび、貝類などがたくさんいます。それらのえさを食べて育った、今出のたこは、まるまると太り、柔らかくて食べやすいのが特徴です。たくさん捕れる時期は、6月から9月です。
 今日は、『たこ』と一緒にじゃがいも、玉ねぎ、にんじんを青のりの衣をつけて揚げています。よくかんでいただきました。

9月24日の給食

今日は、ごはん 牛乳 親子煮 酢物 です。

 今日は、『親子煮』について、ご紹介します。
 親子丼 や親子煮といわれている料理には、名前のとおり、親子の食材が使われています。どの食材か、わかりますか。今日の給食の親子煮を見てみましょう。使われている食材は、鶏肉、じゃがいも、玉ねぎ、にんじん、油揚げ、しいたけ、枝豆、卵です。この中で、親子の食材は、卵と鶏肉です。ほかにも、鮭といくら、いわしとちりめんなど、いろいろな親子の食材があります。親子の食材を使った料理を、探してみても、おもしろいですね。

 

9月20日の給食

今日は、ごはん 牛乳 クリームスープ 豚肉のレモン焼き コーンサラダ です。

今日は、『食事とスポーツ』について、ご紹介します。
 スポーツをしていて「もっとうまくなりたい」「強くなりたい」と思う人は多いと思います。そんな時は、練習 内容だけではなく、食事内容について、見直してみるとよいかもしれません。食事は練習と同じくらい、とても大切です。「これを食べれば強くなる」という食べ物はありません。しっかりとした体を作るためには、いろいろな食品を組み合わせて、栄養のバランスをとることが大切です。主食、主菜、副菜、汁物、牛乳・乳製品、果物をそろえると、栄養のバランスが整うといわれています。強い体を作るためにも、いろいろな食品を組み合わせて、バランスよく食べましょう。

9月19日の給食

今日は、ごはん 牛乳 すまし汁 さんまの塩焼き ごまあえ です。

 今日は、『さんま』について、ご紹介します。
 さんまは、刀のように細長い体形で、秋に脂がのっておいしい時期になることから、漢字で、「秋」「刀」「魚」と書きます。
 さんまは、イワシやさばと同じ、背が青い青魚で、EPAやDHA と呼ばれる体によい働きをする脂を豊富に含んでいます。これらの脂は、私たちの体の中では作ることができないので、食べ物からとる必要があります。
 今日は、旬のさんまを塩焼きにしました。

9月18日の給食

今日は、みかんパン 牛乳 洋風煮こみ カラフルナムル 大豆かりんとう です。

 今日は、『みかんパン』について、ご紹介します。
 愛媛県といえば、みかんといわれるほど、たくさんの種類のみかんがあります。みかんは、そのまま食べる他に、ジュースやお菓子などに使われることがあります。学校給食でも、そのまま食べる他に何かできないだろうかと考えられたのが、みかん果汁をパンの生地に加えて焼いた「みかんパン」です。平成15年に初めて給食に登場しました。最初は「味がすっぱい」という意見が多くありましたが、果汁の量など工夫をして、今の「みかんパン」になっています。
 愛媛県産みかんから作った、果汁を入れた『みかんパン』味わっていただきました。

9月17日の給食

今日は、ごはん 牛乳 豚汁 若鶏のからあげ 即席漬 です。

 今日は、『朝食の役割』について、ご紹介します。
 朝食は、1日を元気に過ごすために、3つのスイッチを入れる役割があります。
 1つめに、体のスイッチです。朝ごはんを食べると、寝ている間 に下がった体温が上がり、体が目覚めます。2つめに、頭のスイッチです。脳は寝ている間もエネルギーを使っています。朝ごはんを食べて栄養を送ることで、目を覚まします。3つめに、おなかのスイッチです。朝ごはんを食べると、胃や腸が動き始めます。朝食で生活リズムをつくると、おなかの調子もよくなります。
 朝食を食べて、体、頭、おなかを目覚めさせ、元気に学校生活を送りましょう。

9月13日の給食

今日は、ごはん 牛乳 いもたき かぼちゃのかきあげ です。

 今日は、『お月見といもたき』について、ご紹介します。
 お月見とは、旧暦の8月15日に月を鑑賞する行事です。この日の月は「中秋の名月」「十五夜」「芋名月」と呼ばれ、今年は9月13日です。お月見は、秋の収穫に感謝するため、すすきやお団子をかざります。その中でも特に、芋類の収穫を感謝し、里芋や、さつま芋をかざるところもあります。愛媛県では、お月見をしながら、河原などで、さといもを使った「芋炊き」を食べる地域が多くあり、特に大洲市の「芋炊き」は有名です。
 今日の給食は、さといも、鶏肉、ごぼう、にんじん、しいたけなどが入った『芋炊き』です。秋の味をおいしくいただきましょう。

9月12日の給食


今日は、ごはん 牛乳 野菜スープ たらのピリカラフル なし です。

今日は、『梨』について、ご紹介します。
 梨は、水分が多く含まれていて、シャリシャリとした食感が特徴の果物です。8月から10月が旬の時期で、くりやぶどうと並ぶ代表的な秋の果物です。
 梨は、中国で生まれ、世界の広い地域でつくられています。日本で栽培される果物の中でも歴史が古く、弥生時代には栽培され、江戸時代には品種も増えました。