今日の給食

2019年11月の記事一覧

11月29日の給食

今日は、ごはん 牛乳 みそ汁 ししゃもの唐揚げ くるみあえ です。

 今日は、『ししゃも』について、ご紹介します。
 日本では、ししゃもは北海道でしか獲れません。近年では獲れる量が少なくなっているため、値段が高くなり貴重なものとなっています。
 私たちが普段食べているししゃもは、ノルウェーで獲れる「カラフトししゃも」という魚です。実は、北海道のししゃもとは違う種類ですが、姿や味が似ており安く手に入るため、「カラフトししゃも」のことを「ししゃも」として、広く流通しています。
 ししゃもは、頭からしっぽまで骨ごと食べられるため、カルシウムをたくさんとることができます。
 今日は、カラフトししゃもをから揚げにしました。よく噛んでいただきましょう。

11月28日の給食

今日は、ごはん 牛乳 白菜とベーコンのスープ えびのコーンフレーク揚げ フレンチサラダ です。

 今日は、『上手な盛り付け方』について、ご紹介します。
 料理のおいしさの決め手の一つに、見た目があります。見た目は、使われる食材のいろどりや食器の種類、盛り付け方によって、大きく印象が変わります。
 上手な盛り付け方にするためには、次の2つのことに気を付けましょう。
 ① 食器のふちをよごさないこと。
 ② 料理を形よく盛り付けること。
 給食でも、この2つのことに気を付けて、上手に盛り付けましょう。

 

11月27日の給食

 今日の献立は、 ごはん 、 牛乳 、 はちはい豆腐 、さばのみそ煮 、即席漬 です。

今日は、『福井県の味めぐり』について、ご紹介します。
 福井県は、海の幸が豊富で、特にさばがよくとれます。さばは、多く出回っている物に「まさば」と「ごまさば」があります。「まさば」は、背中の部分の「くの字型」の黒いしまが特徴です。「ごまさば」は、おなかのあたりにゴマのような斑点があって、丸い体をしているのが特徴です。しめさば、塩焼き、みそ煮、竜田揚げなどにして食べられます。
 さばは、いたみやすい魚で、早く売りさばくために数をごまかしていたことから「さばを読む」という言葉がうまれたそうです。
 今日は、『さばのみそ煮』です。

11月26日の給食

 今日の献立は、 黒糖パン 、牛乳 、 ポトフ 、 大根サラダ 、 きなこ豆 です。
 今日は、『きなこ』について、ご紹介します。                     

 今日の給食の「きなこ豆』」に使われている、きなこは何からできているでしょう。

 ①とうもろこし ②じゃがいも ③大豆     
 正解は③の大豆です。
 きなこは、大豆を炒ってひいた粉です。粉にすることで消化が良くなり、大豆の栄養をうまく摂ることができます。疲れを取って体を元気に回復させるビタミンB1や、腸のはたらきを活発にする食物せんいも多く含まれています。他にも、血液の流れをよくしたり、骨や歯を作ったりするはたらきがあります。                   
 今日の給食は大豆ときなこを使った『きなこ豆』です.。                             

             

 

11月25日の給食

今日の給食は、豚玉丼 牛乳 きんぴら みかん です。

 今日は、『みかん』について、ご紹介します。
 今年も、みかんの季節がやってきました。これから冬、春、そして初夏の頃まで次々といろいろな柑橘が収穫を迎えます。みかんのとれる山が、だんだんみかん色に染まっていく様子は、柑橘王国の愛媛ならではの風景です。おいしいみかんの見分け方を紹介します。
 ①色は、オレンジ色が濃いもの。  
 ②形は、平べったいもの。
 ③へたが、小さめのもの。    
 ④皮がなめらかで、弾力があるもの。
 今日は愛媛県でとれた『みかん』を味わいました。 

11月22日の給食

 

今日は、きのこピラフ 牛乳 キャロットスープ たらのオランダ揚げ です。

今日は、『会食のマナー』についてご紹介します。
 正しいマナーで食事をしていますか。食事は、体に必要な栄養をとるだけではありません。みんなで食事をしながら、楽しい時間を過ごすことで、心も豊かになります。しかし、食事中に人が嫌がる話をしたり、席を立って友達とふざけたりするなど、会食のマナーが守られていないと、嫌な気持ちになります。
 おいしく食事をするために、姿勢を良くして、食器を手に持ち、はしやスプーンを使って上手に食べることも大切です。また、食事中の会話は、声の大きさや話の内容に注意しましょう。

11月21日の給食

今日は、媛麦パン 牛乳 ポークビーンズ ドレッシングサラダ です。

 今日は、『はだか麦』について、ご紹介します。
 愛媛県は、はだか麦の生産量が日本一です。脱穀すると簡単に皮が取れることから、「はだか麦」と名前がつきました。はだか麦は昔から、麦みそや麦ごはんなどに使われており、今ではパンやお菓子にも使われています。今日の給食の媛麦パンには製粉した粉を使っています。
 今日のパンは、愛媛県産はだか麦を使用した、『媛麦パン』です。香りや食感を味わいましょう。

11月20日の給食

今日は、ごはん 牛乳 麻婆豆腐 切り干し大根の中華サラダ ヨーグルト です。

今日は、『春雨』について、ご紹介します。
 春雨は、豆のひとつである緑豆やじゃがいも、さつまいものでんぷんを材料とした生地を、小さな穴の開いた機械から鍋に落として作ります。この様子が、春に細く静かに降る雨に似ていることから、「春」に「雨」と書いて「春雨」と呼ばれるようになりました。
 春雨は中国で誕生し、春巻きや中華炒め、ナムルなどの中華料理でよく使われます。日本でも、スープに入れたり鍋の具材に使ったりと、親しまれている食品です。

11月19日の給食

今日の給食は、ごはん 牛乳 じゃがいものカレー風味 海草サラダ みかん です。

 今日は、『カレー粉』について、ご紹介します。
 カレー粉は、いくつかの香辛料を合わせて粉末にした調味料です。香辛料は、とうがらしやこしょうなど辛味を付けるもの、クミンやコリアンダーなど香りを付けるもの、ターメリックやパプリカなど色を付けるものと、3種類に分けられます。
 ここで、クイズです。カレー粉の消費量が1位の国はインドですが、2位の国はどこでしょう。
 ① アメリカ  ② タイ  ③ 日本
 正解は、③の日本です。カレーライスの他にも揚げ物や炒め物など、カレー粉で味付けをしたものが好まれています。
 今日の給食は、『じゃがいものカレー風味』です。

11月18日の給食

今日は、五穀米入りごはん 牛乳 キャベツのみそ汁 鯛のレモン煮 いそあえ です。

 今日は、『和食の日』について、ご紹介します。
 11月24日は「いいにほんしょく」と読み、和食の日です。
 和食の中で、最も重要なのが「だし」です。味の基本は「塩味」「酸味」「苦味」「甘味」「うま味」です。この「うま味」が「だし」のことです。江戸時代の料理の本には「だしこそ料理の根本である」と書かれています。だしは、昆布、かつお節、煮干し、干ししいたけなどからとります。
 今日は煮干しのだしを使った『みそ汁』です。だしのうま味を感じて、おいしくいただきましょう。