今日の給食

今日の給食

6月6日の給食

今日は、媛麦パン 牛乳 カレースパゲティ グリーンアスパラガスのサラダ トマト です。

 今日は、『旬の「グリーンアスパラガス」を生かした献立』です。
 春の訪れを告げるように地上から真っ直ぐ伸び、太陽を浴びて育った緑色のものが、「グリーンアスパラガス」です。「グリーンアスパラガス」は、年中お店に並んでいる野菜ですが、最もおいしい時期は春から初夏にかけてです。
 苗を植えてから1年目、2年目は収穫せず、3年目から高さ20~25センチになったものを収穫します。昼の間に太陽の恵みを受け、夜になると一気に伸びて一日に約5センチも生長します。 
 今日は、旬の「グリーンアスパラガス」を『サラダ』にしました。

6月5日の給食

 

今日は、梅ご飯 牛乳 じゃがいものみそ汁 カミカミ揚げ 小松菜のおひたし です。

今日は、『入梅の行事食』です。
 「入梅」は、「節分」や「立春」と同じ、季節の移り目を意味する言葉のひとつです。梅が実る時期なので、「入る」「梅」と書いて「入梅」と読みます。今年は6月11日です。
 また、入梅は梅雨入りの目安にもなります。農家の人にとって田植えをする上で、梅雨入りの時期を知ることは重要なことです。天気予報がない時代は、入梅を目安に農作業を行っていました。
 採れた梅は、塩でつけて梅干しにします。梅干しの酸っぱさの素である「クエン酸」には疲労回復効果があり、じめじめした梅雨を元気に乗り切ることができます。
 今日の給食は、梅干しの入った『梅ごはん』です。

6月4日の給食

今日は、ごはん 牛乳 ポークビーンズ 海草サラダ です。

 今日は、『歯や骨を丈夫にする食べ物』について、ご紹介します。
 歯や骨を丈夫にするために必要な栄養素の代表は、カルシウムです。カルシウムを多く含んでいる食べ物は、牛乳、チーズやヨーグルトなどの乳製品、骨ごと食べられる小魚、豆腐や納豆などの大豆製品、野菜類や海草類などです。これらの食べ物は、カルシウムを体の中にとりこみやすくするたんぱく質やビタミンD、ビタミンKなどの栄養素も含まれています。丈夫な歯や骨をつくるためには、栄養のバランスのとれた食事をすることが大切です。
 6月は食育月間で、毎月19日は、食育の日です。私たちの身近にある食について考えたり、友だちやおうちの人と話し合ったりしましょう。

 

6月3日の給食

今日は、ごはん 牛乳 かきたま汁 若鶏のゆかりあげ ボイル野菜 です。

 今日は、『教室の環境を整えること』について、ご紹介します。
 きれいで気持ちのよい場所で食事をすると、よりおいしく感じられます。みなさんの教室はどうですか。
 授業が終わったら、使った道具は机の中などにしまい、机の上にゴミがあれば捨てましょう。給食当番以外の人は、窓を開けて教室の空気を入れ換えましょう。そして、床にゴミが落ちていれば拾い、手を洗って静かに待ちます。
 みんなで協力して教室をきれいにし、気持ちよく給食の時間を楽しみましょう。

5月31日の給食

 

今日は、ごはん 牛乳 はちはい豆腐 えびの緑茶衣揚げ いそあえ です。

 今日は、『給食に使われている食品』について、ご紹介します。
 給食に使われている食品は、どこで作られ、今みなさんの前に届いているのでしょうか。給食の献立表には、今月の給食に使われている食品の主な産地が書かれています。
 米や肉、野菜は愛媛県や松山市のものがたくさんあります。私たちが生活する郷土でとれた新鮮なものや、今の時期にとれる旬のものがたくさん使われています。魚や、大豆製品などは、国内の遠い地域や外国から運ばれてきています。遠い地域のものや外国のものも取り入れることでたくさんの種類の食品が食べられます。
 これらの食品は、生産者や輸送する人など、たくさんの働く人々のおかげで、みなさんの前に届いています。感謝の気持ちをもっていただけるといいですね。

5月30日の給食

今日の献立は、米粉パン、牛乳、ひじきスパゲティ、コーンサラダ、ナッツいりこです。

 今日は、『食品の働き』について、お話をします。
 私たちが、勉強をしたり、運動をしたりするために、食事をして、食品の栄養素を体の中に取り入れることが必要です。食品は、含まれる栄養素の体の中での働きによって、3つのグループに分けることができます。
 1つ目は、赤のグループで、肉・魚・卵・大豆製品・牛乳などです。おもに、血や筋肉や骨をつくる食べ物です。2つ目は、黄色のグループで、ごはんやパン・めん・芋類・油などです。おもに、熱や力のもととなる食べ物です。3つ目は、緑のグループで、野菜や果物などです。おもに、からだの調子をととのえる食べ物です。
 献立表には、給食で使われている食品が、3つのグループに分けて書かれています。毎日の給食を、確認しましょう。

5月29日の給食

今日は、青大豆ご飯 牛乳 けの汁 いかメンチ 即席漬 です。

 今日は、『青森県の味めぐり』について、ご紹介します。
 青森県は、本州の一番北側にあり、まわりを海に囲まれた自然豊かなところです。
 「けの汁」は、津軽地方で「津軽の七草粥」といわれるほど、人々に親しまれてきた郷土料理です。大根、人参、ごぼうなどの野菜と、ふき、わらびなどの山菜、油揚げや高野豆腐などを細かく刻んでみそで味付けした汁物です。
 「いかメンチ」は、いかを細かく切って季節の野菜と一緒に小麦粉でまとめて、焼いたり揚げたりしたものです。全国有数のいかの水揚げ量を誇る青森県ならではの料理です。

5月24日

今日は、ごはん 牛乳 麻婆豆腐 カラフルナムル です。

今日は、中華料理について、ご紹介します。

 中華料理には、「ラーメン」、「チャーハン」、「チンジャオロース」、「ぎょうざ」、「回鍋肉」など、たくさんの種類の料理があります。世界三大料理でもあり、日本でもなじみ深い料理になっています。本場、中国のものは香辛料がきいているので、日本人が好む味付けにアレンジされていることが多いです。

 

5月23日の給食

今日は、ごはん 牛乳 カレーうどん カシューナッツあえ です。

 今日は、『カシューナッツ』について、ご紹介します。
 カシューナッツは、木になるナッツです。その様子は独特で、見かけは黄色や赤色の「カシューアップル」と呼ばれる果実の先に、一粒ずつ種実がついています。その種実がカシューナッツです。手作業で一粒ずつ取り出します。機会があったら、本などで、その様子をぜひ調べてみてください。
 また、カシューナッツは独特の食感と甘みが特徴のナッツです。そのまま食べたり、炒め物にしたり、和え物にしたりして食べられます。世界中で人気の高いナッツです。
 今日の給食は、小松菜とキャベツで和えた『カシューナッツあえ』です。みんなでおいしくいただきます。

5月22日の給食

 

今日は、白ご飯 牛乳 玉ねぎのみそ汁 ホキのしそあげ 切り干し大根とひじきの煮物です。

今日は、『赤・黄・緑のグループ』について、ご紹介します。
 食品は、その働きによって赤・黄・緑のグループにわけることができます。
 赤のグループは、肉や魚、大豆や卵などで、血や筋肉、骨など体をつくる働きがあります。今日の給食では、ホキやとり肉、ひじきなどが使われています。
 黄色のグループは、ごはんやパン、めんなどで、熱や力のもとになります。今日の給食では、ごはんです。
 緑のグループは、野菜やきのこ、果物などで、体の調子を整える働きがあります。今日の給食にも、たまねぎや切干大根などたくさんの野菜が使われています。
 毎日の給食は、赤・黄・緑のグループの食品がバランスよくとれるように考えられてます。